パーキンソン病の治療費の相場や平均入院期間



もし、パーキンソン病になってしまった場合、まず最初に気になるのは治療費(手術費なども含む)や入院期間のことだと思います。「どの位の治療費がかかるのか?」、また、「どの位の入院が必要なのか?」…などなど。このページでは、パーキンソン病で病院に入院した場合にかかる治療費の平均金額(治療費の相場)と平均入院期間(平均入院日数)を見易い表にしてまとめていますので、ひとつの目安としてお役立てください。その他にも、パーキンソン病の治療に役立つ情報などもまとめています。


パーキンソン病で入院した場合にかかる治療費と入院期間
 
パーキンソン病で入院した場合の平均入院日数約116日
 
パーキンソン病で入院した場合の一日あたりの治療費約1万9500円
 
国保(国民健康保険)などに加入していて、
医療費が3割負担の場合の一日あたりの治療費
約5900円
 
パーキンソン病で入院した場合の治療費総額
(平均入院日数 x 一日あたりの治療費) →
約226万2千円
 
国保(国民健康保険)などに加入していて、
治療費が3割負担の場合の治療費総額
約68万4400円
 
高額療養費制度が適用される場合の治療費総額
(データの数値は、一般所得区分、70歳未満の条件で算出) →
約29万4千円

※ 掲載している上記のデータは、厚生労働省が調査し、定期的に発表している「医療給付実態調査」や「患者調査」などのデータを参考に独自に算出しています。データの数値はあくまで平均値ですので、参考程度に留めてください。実際は、患者さんの病気の状態や年齢などでも、数値は大きく変わってきます。また、金額の数値に関しては、先進医療の費用や食事代、差額ベッド代などは含めていませんので、あらかじめ、ご了承ください。



【パーキンソン病とは?】


パーキンソン病は、脳から身体を動かす指令が上手く伝達されずに自分の思い通りに身体を動かせなくなる神経変性疾患です。40歳から60歳代で発症することが多い病気です。比較的、高齢で発症する傾向の高い病気ですが、若齢でも発症する場合もあります。パーキンソン病は、ゆっくりと進行していくのが特徴です。病名の由来ですが、1817年に英国の医師であったジェームズ・パーキンソンが最初にこの病気の症状を報告したためにパーキンソン病と呼ばれるようになりました。近年、日本ではパーキンソン病患者は増加傾向にあります。


【パーキンソン病の症状】


パーキンソン病の主な症状には以下のようなものがあります。

  • 手や足が震える。
  • 筋が固くなってしまう。
  • 身体の動作が遅くなります。
  • 転びやすくなります。

初期段階で多く見られるのは、手の震えで、パーキンソン病が進行すると、震え、筋の固縮、動作の遅さ、歩行時の転びやすさなどが目立って現れます。また、睡眠障害の症状(よく眠れない、昼間は眠くなり、夜中に起きてしまう、…など)、排尿障害の症状(トイレが近くなる頻尿、夜中にトイレに行きたくなる、…など)、自律神経障害の症状(便秘、よだれ、起立性低血圧、発汗過多、…など)も現れます。


【パーキンソン病の原因】


パーキンソン病のはっきりとした原因は良く分かっていませんが、「ドーパミン」と呼ばれている脳内の神経伝達物質が欠乏してしまっていることが原因と考えられています。また、発症理由として、遺伝(遺伝子)や環境に何かしらの関係があるとも考えられています。日本におけるパーキンソン病の発症率は、約1000人に1人と言われています。






【パーキンソン病治療の名医がいる病院に関する情報サイト】


パーキンソン病の治療に対して、腕のいい名医がいる病院に関する情報をまとめているサイトを紹介します。もし、自分の住んでいるところから通える範囲に名医がいる病院がある場合は、そちらで治療を受けることをおすすめします。


パーキンソン病治療の名医関係


【パーキンソン病の症状に似ている他の病気】


パーキンソン病と症状が似ている病気はいくつかあります。症状は似ていますが、原因と治療方法は異なります。

  • 脳梗塞
  • 多系統萎縮症
  • 大脳皮質基底核変性症
  • シャイ・ドレーガー症候群
  • オリーブ橋小脳萎縮症
  • 進行性核上性麻痺
  • 本態性しんせん(ES)
  • 線条体黒質変性性

この他にも、降圧薬や抗不安薬などを使用した影響で、パーキンソン病と似た症状が出る場合があります。


【パーキンソン病のリハビリ】


パーキンソン病のリハビリ(リハビリテーション)についてですが、運動量の低下を防ぐために、積極的に身体を動かした方が良いそうです。普段の日常生活でも出来る範囲で身の回りのことは全て自分で行い、積極的に外出も行いましょう。身体を動かさないでいると筋が固くなったり、病気の進行を遅らせることができません。「運動機能回復! やる気でリハビリ効果が高まることが判明!」という記事に詳しく書いてありますが、リハビリの効果は、気持ちの持ち方でもだいぶ変わることが分かっています。










sitemap
サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)

カテゴリー:「 治療費や入院期間 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について