糖尿病の治療費の相場や平均入院期間



もし、糖尿病になってしまった場合、まず最初に気になるのは治療費(手術費なども含む)や入院期間のことだと思います。「どの位の治療費がかかるのか?」、また、「どの位の入院が必要なのか?」…などなど。このページでは、糖尿病で病院に入院した場合にかかる治療費の平均金額(治療費の相場)と平均入院期間(平均入院日数)を見易い表にしてまとめていますので、ひとつの目安としてお役立てください。その他にも、糖尿病の治療に役立つ情報などもまとめています。


糖尿病で入院した場合にかかる治療費と入院期間
 
糖尿病で入院した場合の平均入院日数約35日
 
糖尿病で入院した場合の一日あたりの治療費約2万5千円
 
国保(国民健康保険)などに加入していて、
医療費が3割負担の場合の一日あたりの治療費
約7500円
 
糖尿病で入院した場合の治療費総額
(平均入院日数 x 一日あたりの治療費) →
約87万5千円
 
国保(国民健康保険)などに加入していて、
治療費が3割負担の場合の治療費総額
約26万2500円
 
高額療養費制度が適用される場合の治療費総額
(データの数値は、一般所得区分、70歳未満の条件で算出) →
約12万4千円

※ 掲載している上記のデータは、厚生労働省が調査し、定期的に発表している「医療給付実態調査」や「患者調査」などのデータを参考に独自に算出しています。データの数値はあくまで平均値ですので、参考程度に留めてください。実際は、患者さんの病気の状態や年齢などでも、数値は大きく変わってきます。また、金額の数値に関しては、先進医療の費用や食事代、差額ベッド代などは含めていませんので、あらかじめ、ご了承ください。



【糖尿病治療の名医がいる病院に関する情報サイト】


糖尿病は、合併症の病気とも言われています。「糖尿病網膜症」や「糖尿病腎症」、「糖尿病神経障害」などは、糖尿病特有の合併症ですが、これらの糖尿病の合併症の治療に対して、腕のいい名医がいる病院に関する情報をまとめているサイトを紹介します。もし、自分の住んでいるところから通える範囲に名医がいる病院がある場合は、そちらで治療を受けることをおすすめします。


糖尿病治療の名医関係

糖尿病網膜症治療の名医関係

糖尿病腎症治療の名医関係


【糖尿病網膜症について】


糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の1つです。糖尿病網膜症が進行してしまうと、酷い場合は失明してしまいます。糖尿病網膜症の初期は自覚症状がほとんどなく、気づいた場合には手遅れの場合がありますので特に注意が必要です。もし、糖尿病と診断された場合は、糖尿病網膜症になっていないか調べるために、定期的に眼科で健診を必ず受けるようにしてください。もし、糖尿病網膜症になってしまった場合でも、早期に発見し、適切な治療を行えば、かなり進行を遅らせることができます。





【糖尿病腎症について】


糖尿病腎症も糖尿病の合併症の1つです。糖尿病腎症になると、腎臓に障害が起こります。腎臓は、尿の生成や排泄のための臓器です。糖尿病腎症が進行して状態が酷くなると、腎臓で尿が作れなくなり、人工透析が必要になります。


【糖尿病神経障害について】


糖尿病神経障害も糖尿病の合併症の1つです。糖尿病神経障害の初期の症状は、手足のしびれや痛みなどです。糖尿病神経障害が進行してしまうと、歩行困難になったりします。また、手や足の神経が麻痺しているため、血流障害や感染症などで、手や足の一部が壊疽してしまう場合もあります。










前の記事はありませんsitemap
サイト内関連記事一覧(関連があると思われる記事を自動抽出しています。)

カテゴリー:「 治療費や入院期間 」の最新記事一覧(最新5件を表示)

サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について